ウェルスグロー・モバカフェ/mobacafeは副業は初心者向き安全な副業

人気の副業口コミちゃんねる

未分類

ネットビジネスを行う際に抑えておきたい特商法とは

投稿日:

通常のビジネスを開始するとなると、新たな店舗や事務所を用意したり、従業員を雇用する必要があったりします。
ですが、ネットビジネスという形であれば、そのハードルを大きく引き下げる事が可能だったりするのです。実際にネットビジネスであれば、新たな仕事場を用意せずに自宅で、しかも単独で開始出来るケースが多かったりします。なので新たにビジネスを開始したいと望む人の中には、ネットビジネスに興味を持つ人が多いです。

もっともネットビジネスの中には、ネット通販という形で商品を売買するケースも少なくありません。だからこそネットビジネスを始める前に、特商法についてきちんと抑えておく必要があります。

ちなみに特商法とは特定商取引法を略した言葉であり、基本的には通信販売や訪問販売等の消費者とのトラブルが起き易い取引類型を対象にして事業者が守るべきルールと、消費者を守るためのルールを定めているのです。ネットビジネスで通信販売を行う際にも、この特商法が絡んで来るのできちんと守る必要があります。

しかも副業感覚でネットショップを行っている場合にも、特商法を守らなければならないので注意が必要です。
具体的には事業者名に加え、電話番号やメールアドレスに住所といった連絡先を事業者情報として掲載しなければなりません。

他にも契約が絡む場合の申し込みは分かり易い形で、明記する事が求められるのです。
しかも最終的に契約内容や申し込み内容を本人が、明確に確認出来る様な形にする必要があります。更にクーリングオフや返品制度に関する情報も、分かり易くきちんと明記するのです。
その際、前払いに関する承諾もきちんと通知させて誤解が生じない様にする事も大切だったりします。他にもネット通販の場合は、お支払い方法や商品のお届けに関する情報、送料等の代金以外の料金や個人情報の取り扱い等も明記する事が求められるのです。

加えて特商法には、禁止事項も定められています。具体的には事実に反する嘘の情報で、商品を購入したり契約する様に勧誘する行為は禁止されているので行うべきではないです。同様に消費者にとって不利益となる商品やサービスの事実を故意に隠して、告知しない行為も禁止事項となります。

その上、相手を脅したり威圧する事で商品を購入させたり契約を迫る行為を行う事や、解約解除の申し出の際に威圧的な態度で解除の撤回を求める行為も禁止事項です。
だからこそネットビジネスで商品やサービスを扱う際には、こういった特商法の禁止事項となる行為を行わない様に注意する必要があります。
万一行った場合には、相応の罰則を受ける事になるので要注意です。

-未分類

Copyright© 人気の副業口コミちゃんねる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.